主婦が消費者金融からお金を借りる為に必要な条件

消費者金融からお金を借りるのは、消費者金融会社が設定している申し込み条件さえ満たしていれば、主婦でもできます。

主婦が消費者金融からお金を借りるために必要な条件は、正社員、非正規労働者、パートタイム労働者、アルバイトのいずれかの立場で仕事をしていることと、その仕事によって安定した収入が確保できていることです。

自分自身で仕事をして収入を得ていない専業主婦は、たとえ配偶者である夫に十分な収入があったとしても、この条件を満たしていないため申し込むことができません。

かつては専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があることを証明できる書類が提示できれば、限度額が低く設定されるものの、契約をしてお金を借りることができました。

しかし、消費者金融を取り巻く状況が厳しさを増している現在は、いかなる者であっても、どこかで仕事をしていて、安定した収入を得られていないとキャッシングサービスの申し込みができなくなっています。

 

即効性重視、お金を借りるのに必要な審査対策2つ

消費者金融の審査対策は様々な風説が出回っていますが、どれが本当に必要なものなのか判然としない点も事実です。

また、すぐに変更できるはずもない事を、「大切です」と言われてもどうにかなるものではありません。

そこで、お金を借りるにあたって比較的短期間でどうにかできるものに絞って有効なものを明示していきます。

1つ目が勤務先と勤続年数です。

勤続年数はどうにもなりません、1年以上あると有利ですが1年も待っていられるなら最初から借入はしないでしょう。

ですが、勤務先はとりあえず属性をつけるだけならアルバイトなどでも対策可能ですので、簡単なバイトなどに応募される事をお勧めします。

アルバイトでも無職よりははるかに審査が有利となります。

2つ目が、業者選びです。

自身の性質は簡単に変えられませんが、業者様々なものがあるので、お金を借りる相手を厳選する事が大切です。

業者選びは非常に難しいですが、口コミなどでの審査状況を比較し通りそうなところに応募します。

注意点として、申し込み過ぎてしまうと信用情報に記録されていますので審査に不利になってしまいます。

手当たり次第に申し込むよりは、慎重に調べて融資を受ける事が大切です。

お金を借りる際は本人確認書類の準備を忘れずに

消費者金融からお金を借りる際には、消費者金融側から必ず本人確認ができる書類を1~2点提示するよう求められます。

この書類が提示できなければお金を借りることはできません。

ここで疑問となるのは「本人確認ができる書類とはいったいどのような書類を指すのか」ということですが、消費者金融が求めている本人確認書類とは、公的機関が発行機関となっている身分証明書のことと言い換えても差し支えありません。

公的機関が発行している身分証明書として代表的なものには、運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどが挙げられます。

また、外国人の場合は在留カードや特別永住者証明書も身分証明書に含まれます。

日本で生活していれば大抵の人は何らかの公的な身分証明書を所持しているはずなので、それを提示することができれば十分です。

なお、本人確認書類として提示できる身分証明書を複数持っている場合は、顔写真が載っているものを選んで持っていくようにすると、申し込み手続きをよりスムーズにすすめることができます。

消費者金融からお金を借りる場合に年齢制限はあるのか

消費者金融からお金を借りるためには、消費者金融会社が設定している申し込み条件を満たす必要があります。

年齢制限はこの申し込み条件の一つで、多くの消費者金融会社では満20歳から満69歳までを条件としています。

消費者金融会社がお金を借りることを希望している者に対して設けている年齢制限がこのようになっている理由はなぜなのでしょうか。

下限については、満20歳未満の者が社会では未成年とされており、物事に対して自分で考えて行動し、責任を負う力が備わっていない者が多いと考えられるのが大きな理由です。

一方、満70歳以上の者は企業を退職して余生を送っている時期で、病気にかかるリスクも高まっていて、生きていられる時間もそれほど多くありません。

もし、このような高齢者にお金を貸すと、病気などが理由で亡くなった場合に貸したお金が戻ってこないおそれがあります。

このリスクを回避するために、多くの消費者金融会社では満70歳以上の高齢者の申し込みは受け付けず、契約した時点で満69歳以下だった場合は、満70歳に達した段階でお金を貸し付けないようにしています。

安心してお金を借りることができる消費者金融

「過去に借金の返済に大幅に遅れたことがある」などお金を借りる際の審査に通過するか不安な人にとってはできるだけ審査の甘い貸金業者に申し込みをしたいものです。

一般的には審査は銀行よりも消費者金融の方が甘いと言われています。

テレビでCMを行っているような知名度の高い所であれば安心して利用できますが、中小の消費者金融は稀にヤミ金の可能性もありますので利用する側が見極めなければなりません。

そのための最も良い方法が「登録番号を確認すること」です。

貸金業者を営む際には国や都道府県に届け出が義務付けられており、登録番号が交付されます。

この登録番号は事務所など利用者が見やすい位置に掲示することが義務付けられているので事前に確認し、インターネットで登録番号と貸金業者名をいつでも確認できるのでお金を借りる際にはぜひ事前に確認したいものです。

ウソの登録番号や他社の登録番号を掲示している可能性もあるためで、登録番号と貸金業者名があっていれば安心して利用できる貸金業者だと言えます。

お金を借りる時手紙が届く場合とは

できるだけだれにも知られず消費者金融などでお金を借りる、利用したいと考えている人は多いです。

ですので在籍確認もできれば電話でない方法を依頼したり、自宅への手紙の郵送も避けたいでしょう。

実際には消費者金融によっては電話以外の在籍確認を書類などで代用して行ってくれるところも増えていますし、さらにすべてネットで手続きなどを済ませてしまえる場合も多いですので、自宅に手紙が届く心配はほとんどありません。

ですが、お金を借りながら返済が滞りますと、自宅にその旨の書面が届く可能性があります。

ひとり暮らしでしたら大丈夫でしょうが、家族と同居である時などには、自分以外の人に見られてしまう可能性も高いです。

ですので、自宅への郵送を避けたいのであれば、必ず期日までにきちんと返済するということを心がけましょう。

今はパソコンやスマホで簡単に申込みなどもできてしまいますの気軽な気持ちで借りますが、返済への厳しさはどの時代も同じですので気をつけましょう。

自営業はすぐにお金を借りることができるように

一般の会社員などもそうですが、特に自営業ですとお金が必要な時はとにかく急いで用意したい時が多いです。
そのお金借りることができるかどうかで、最悪倒産にかかわってくることもあるからです。ですが自営業では比較的お金を借りる審査に通りにくいことも多いですので、なかなか必要のない時にはカードローンに申し込んでおこうとは考えません。
ですが、自営こそ、事業が順調な時にカードローンを申し込んで枠だけ作っておくことが必要なのです。

会社で急にお金が必要になっても、銀行がすぐに融資してくれるとは限りません。危ない時には貸してくれないからです。そんな時親族や知り合いなどに借金を依頼してもそれほどまとまった金額が用意できるとは限りませんし、断られてしまうことも多いでしょう。

そうなってからではもうどこからも借りられず、ついつい危ないと知りながら闇金融に申し込んでしまうこともあるのです。そんな状況を避けるためには、まずは何もない時にこそカードローンの枠を得ておくことが危険を回避する賢い方法です。

【お金借りるなら】

時効はお金を借りる場合でも適用されます

事件などでは、よくあと少しで時効になると言われるものがあります。ただし、現在は殺人に関しては撤廃されなくなりました。
しかし、お金を借りることをしてもある期間が経過すると時効になりその借りたお金は返済しなくてもよくなります。

これが、適用されるにはさまざまな条件が必要です。
銀行などの金融機関、信販・消費者金融などから借りた場合は5年が経過すれば無効になります。

友人や知人、親などの個人から借りた場合10年で返済の義務はなくなります。
しかし、貸した側から、返済の権利行使をすればこの期間は中断します。

それは、債務の承認や裁判上の請求、差し押さえや仮押さえなどがこれに当たります。
また、成立前や成立後でも、債権者に1円でも支払うとこの権利はなくなります。

ただ、常識的に考えると5年間も債権者が何の行動もしないと考えるのはあり得ないことです。
相手は、専門の貸金業者です。こちらよりも、それについては詳しいはずです。

無利息キャッシングでお金を借りることができます

キャッシングやカードローンを、利用するとその借りたお金にプラスして利息も返済するのがルールです。
しかし、最近は一週間や30日なら利息が付かない無利息キャッシングがでてきました。

これは、キャッシングをしてお金を借りることができるのに決められた期間の返済をすると元本だけでいいと言うものです。
一番助かるのが、給料日前にあと少し足りないときに利用するといいです。
給料日後に、すぐに返済すれば無利息で行けるのでムダがありません。

これなら、親や友人に頭を下げて借りる必要もありません。
元本だけの返済なら、少し多く借りても大丈夫です。

この方法を、上手に活用すれば毎月の給料日前のピンチもなく快適に暮らすことができます。
この制度は、最近は増えています。

一度返済すると、またそれを利用できる金融機関もあります。
昔は、キャッシングなども金利が高く利用するのに抵抗がありました。
しかし、最近は手軽なだけでなく便利にもなっています。

お金を借りる場合の融資限度額

お金を借りるには融資審査を受けて通ることが条件になりますが、審査の内容や限度額の決め方については公表されていないため、金融業者にしかわからない部分となります。

消費者金融では年収によって融資額が制限されてしまうため、他の業者からの借り入れがあってもある程度借りられるお金が分かるようになっています。

銀行でも同じように独自の審査基準によって融資額を決めていますが、消費者金融のように明確な基準はわからないのが現状です。消費者金融では総量規制が融資限度額を決める基準となりますが、年収の3分の1までが融資上限額となります。

新規に申し込んだ1社だけではなく、他に借入があればすべての借り入れ額の合計が総量規制の対象となります。

すでに他社からの借入がある場合には、新規に申し込んでも融資額が制限されるため、希望通りの金額にはならない場合があります。年収を基準にして上限額が決められていますが、借り入れ額の合計も融資額に影響してきます。

書類の郵送なしの消費者金融でお金を借りるメリット

消費者金融からお金を借りるために申込みをした際に、自宅に申込書の控えや利用明細などが郵送されることがあります。消費者金融に申込みをしたいと思っているけれど、それによって家族に消費者金融を利用していることが知られてしまうのが心配という場合は、インターネット上で申込みから借り入れまで完結出来る消費者金融を利用するという方法があります。

パソコンや携帯電話などを使って借り入れの申し込みをすることが出来て、インターネット上ですべての取引を完結させることが出来るので、郵送なしでお金を借りることが出来るようになっています。

インターネット完結型なら申込みから借り入れまでの時間が短いので、審査に通ればその日のうちに借り入れが出来る消費者金融も数多くあります。また、ホームページ上での会員サービスが充実していて、インターネット上で借り入れ状況の確認が出来たり、借り入れや返済の手続きだけでなく増額の申込みが出来るようになっているところも多くなっています。

お金を借りる際には会社に電話があるのか

キャッシングやカードローンはお金を借りる方法としても特に手続きが簡単に行えることで知られています。
申し込みをするとすぐに審査が開始され、審査に通ると即日からも融資を受けることができ、急いでお金を必要としているときもとても便利なサービスです。

審査ではその人の情報や現在の借入状況の確認などが行なわれますが、返済能力があることが大切ですので、職場の情報についても確認されることになります。
申し込みをする際には勤務先の情報も記入することになりますが、審査では本当にその勤務先に在籍しているかを調べるために会社に電話が入ることが一般的です。

会社に金融業者から電話があることに抵抗がある場合もありますが、借入の確認とはわからないよう対応してくれることがほとんどですので、キャッシングの審査であることは知られる心配はまずないと言えます。

会社に電話があることにどうしても抵抗がある場合は、電話での確認なしに在籍確認をしている業者を選ぶという方法もあります。

不動産担保ローンを利用してお金を借りる

消費者金融のカードローンなどお金を借りる方法はいくつかありますが、不動産を担保にした不動産担保ローンという方法もあります。

これは個人の信用でお金を借りるカードローンとは違って不動産という担保をもとにしていますので、比較的高額のお金を融資してもらえます。
不動産の担保があれば実際には無職であっても貸してくれるところもあるようです。

さらにその不動産が自分名義でなくても持ち主の同意があれば借り入れができます。親の同意があれば親名義の不動産で借りられるわけです。

さらに、共有名義であったりその不動産の売却をすすめている場合でも借り入れ可能なことがあります。

やや提出書類が多いですが、不動産担保ローンを専門に扱っている金融会社もありますので、消費者金融などのカードローンでは、やや属性に問題があって借り入れできない時などに検討してみてもよいでしょう。
不動産を扱いますので、いくつかの金融会社を比較して信頼できそうなところの相談するのが賢明です。

ブラックでもお金を借りることはできます

ブラックでも、お金を借りることはできるのでしょうか。
ちょっと難しくなりますが、全くその可能性がないとは言い切れません。

まず、中小の消費者金融であれば、少額ではありますがいくらかの融資をしてくれます。

また、大手の消費者金融でもお金の借入ができることがあります。
この場合は、当初は5万円ほどの貸付となりますが、利用と返済をきちんとしていると、段々借入可能な枠を増やしてくれるようになります。

また、ブラックでも多額の融資をしますという業者がいますが、闇金の可能性が高いので利用してはいけません。

闇金は違法の業者で、消費者金融を装って業務を行っていますが、金利が不当に高く、取立てが厳しいので有名です。

連絡先が携帯の番号しかない業者や、申込の時に印鑑証明や白紙委任状を出させる業者は、特に要注意です。

もし闇金を利用したのがわかった場合は、弁護士や司法書士に相談して、介入通知を出してもらうといいでしょう。
なお闇金は違法なので、お金を返済する必要はありません。

ヤミ金でお金を借りることだけはやめましょう

過去に金融事故などを起こしてブラックになっていますと、なかなか消費者金融などでお金を借りることは難しくなります。

特に大手などでは個人信用情報を参考に審査を行っていますので、必ず履歴からわかってしまいますので、偽って申し込みをしても審査に通ることはありません。

あちこちの金融会社に断られ続けますと、とにかく冷静さを失って、貸してくれるところならどこでもよいと考えしまいます。

そんな時にだれにでも貸しますなどの宣伝を見つけると、わらにもすがる思いで、申し込んでしまいますが、そういった甘い審査の金融会社は闇金であることが多いです。

闇金は昔のイメージ通りの怖いタイプも多いですが、最近ではソフトヤミ金といわれるような人当たりのよいヤミ金業者もいます。

ですので思わず騙されそうになりますが、返済できなければ非常に危険であるのは変わりませんので、どんなにお金に困っても闇金融にだけは手を出さないようにしましょう。

民事再生でもお金借りることはできますか

お金を借りることはできたが、その後返済が滞るようになり、自転車操業の果て多重債務者になってしまうことも少なくありません。

そのようになってしまいますと債務整理で借金を清算していくことになりますが、その清算方法のひとつに民事再生があります。会社で行う場合でなく個人で行う時には個人再生ともいいます。

この債務整理方法ですと、住宅つまり持ち家は残すことができます。ですので借金を減額してもらい、それを払いながら住宅ローンも払っていけるだけの安定した収入があることが条件になります。

この民事再生を行った場合、その後お金を借りることはできるのでしょうか。実際には難しいです。このような債務整理を行いますと5年から7年ほどはカードローンなどを利用できないことになっているからです。

ですので正規の金融機関では審査に通りにくいでしょう。ですがこのような人たちをねらった闇金融では貸してくれますので、甘い言葉には十分気をつける必要があります。

 

お金を借りる際に短期で返済できるなら

「給料日まであと3日分の生活費が足りない」など数万円程度の少額のお金を借りて給料日になったらすぐに返済できるという時には「一定期間無利息サービス」を行っている貸金業者を利用するのがおすすめです。
このサービスは一部の銀行や消費者金融で行われています。

一定期間とは1週間や1か月(30日)、一部の銀行では180日という所もあり、この期間内であれば借りた分のお金の返済だけで済み、銀行ATMの時間外利用手数料を支払うよりもお得になるというメリットがあります。
このサービスはその貸金業者を初めて利用する人や数万円程度の少額の融資に限られている場合があります。

またこのサービスを利用して一定期間を過ぎてしまった場合には過ぎてしまった分の利息は支払う必要はあり、この場合には法律で規定されている上限金利近くが適用されることが多いです。
あまりにも長期間過ぎてしまうと金利の低い所を選んだ方が最終的に支払う金額が少なくて済むこともあるので、このサービスを利用してお金を借りる際には注意が必要です。